Lu-na Blog

Lu-naのブログです。

<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2015.06.02 Tuesday

パート2

平成27年度を迎えて
はや2か月が経ちました


わたしが
人生で一番落ち着いていて
人生で一番しあわせだとおもった
26年度が
遠い昔のように去っていきます





変わらないものはないのです
どんなものも日々変化があるのです



変えない、と決めた強い気持ちさえ

揺らぐ


それが距離で、それが時間で、
それが出会いで、それが別れ。





まだがんばる。
まだまだ見届ける。

2015.05.17 Sunday

見届ける



帰り道です。



見届ける

どう転ぼうと、
見届ける。


転ぶの前提だけど。












速い乗り物に乗って
あっというまに
距離が離れていけばいく程
頭はどんどん冷静になるものだなぁと










気の持ちようなのです

夢がさめることはないのです
わたしがそれを望めば







しあわせとふしあわせと
便利と不便と
すきときらいと
もういやだとまだがんばれると

対極で交わらないふたつが
常に頭のなかでかけめぐって

自分のしあわせはなにかと
問い続ける




わたしは
いま脳内で描ける最大級のしあわせは
なにかもう知ってるんだけど

それが選べなかったから


そこからの道が決められなくて
ふらふらしてる

ふわっとしてる







いつものようにがんばれなくて
なんだかもやもやしてるのは
抗えない時の流れも
いっしょう変わらない家族の繋がりも
追いたい夢も
追って欲しい夢も

ぜんぶぜんぶを考えて






得意の
どーにかなるか!が
言えない程
考え方がシビアになってきたのだなと


ちょっと大人じゃん笑

















そーらをとぶー
とりのーようにー
自由に生きるー

今日の日はさようなら
また会う日まで

また会う日まで









ありがとう


2015.04.21 Tuesday

よこやり

よこ‐やり【横×槍】

《2が原義》
1 第三者がわきから口を出して文句をつけること。容喙(ようかい)。「親族から―が入る」
2 両軍が合戦中に、別の一隊が側面から槍で突きかかること。
「東より東条近江守二千余人―に懸かりけるが」〈応仁記・二〉
提供元:「デジタル大辞泉」- 凡例







かなしいことがあった
わりとしょーもないんですけどごめんなさい

わたしがいつも利用しているメルカリというフリマアプリ

いまお目当てのものがあって
なかなか出品されないしされても人気ですぐソールドアウトしちゃうから
一生懸命チェックしてて



きょうのお昼休みにみてたら
どストライクに欲しいやつがあって
コメントに購入希望ですよろしくお願いしますって書いて
お返事を待ってる隙に

ほんと10分とかですよ

だれかに買われてしまいました





コメントはみんなが読めて
交渉してる最中なのも見れるんですが
交渉希望してるひとがいるなーって
わかったら買わないのが常識ですし
いままでこんなことなかったから
すんごいかなしかったし
すんごい腹たちました

人間不信に陥りそうなレベルです笑









常識で考えて、とか
空気を読んで、とか
人それぞれちがうのは理解しています
できるできない得意不得意
もちろんあって然りなのですが

これはひどく落胆しました、、
わたしも現実世界でこんなことにならないように気をつけよう、、








そうそう髪切りましたよ
1年1ヶ月ぶりという
とんでもない記録たたきだしました

すんごい伸びてたのよ。
これ。








さっぱり。
ミルクチャンのトレーナーが毎日のパジャマどえす









メルカリおすすめです。
(〆)


にゃーす!

2015.04.03 Friday

こころ穏やかに

にゃーす!

とっても元気です。心配させてるひとがいたら申し訳ありません。

すごくこころ穏やかな日々を過ごしています。

わたしは、
世間一般のひとがおもってる
当たり前とか普通とか
それができなくて悩んでて
でもこの歳になってまた学べて
少しずつできることがいま増えてきて
本当にうれしいです
人間に一歩近づいた気がします笑




ライブも決まっています。

4月29日(水祝)
@総社リブ

5月9日(土)
@イオンモール津山

5月26日(火)
@岡山MO:GLA











最近すごく好きな歌があって
延々リピートでその歌ばかり聴いていて


彼女は、なんのために歌っているのか、
だれのために歌っているのか、
と考えたときに

じゃあわたしは
なんのために、そして
一体だれのために
歌っているのか、
と改めて考えさせられて

わたしは、
だれのためでもなく、
自分のために歌っているんだなぁと
素直にそうおもえました


自分の「不安定」を「安定」させるために歌う。
自分のために歌った歌、
それが、ほかのだれかに響いているのならば
そんな幸せなことはないなぁ














この春は、わたしにとって
一生忘れられない春になりました。


どの1年ももちろんかけがえのないわたしの大事な宝物だけれど、この1年は本当に濃かった。









今を大切に生きたいと、
そして
先のことも見据えても居たいと、
そうおもいます
わがままだけれどね





あしたからまた雨ですね
桜はもう来年までおあずけか、
とおもうと
もう一生見たくないような気持ちになる

0か10か、
この性格は一生なおんないんだろうなぁ





最近だいぶLu-naじゃなくなってきたけど
わたしはいまもここで息してます。

Lu-naとしてステージで皆様にお会いできることをたのしみに今夜は眠りにつこうとおもいます。


blog見に来てくれてる方、本当にありがとう。



おやすみにゃーす!




2015.03.02 Monday

夢が叶っていく感覚






「またひとつ夢が叶った」

わたしの音楽人生は
まさにこれの連続だとおもう



そしてまた
新たな夢と目標にむかって進む




歌を歌いはじめて、
ふつうにはできない体験をわたしはいくつもすることができて
それまでの過程がしんどければしんどいほど
そのきもちは大きかったし
きもちのいい達成感もあった





わたしにはそれが音楽だっただけで
音楽じゃなくてもなんでもそうだよなぁとあらためておもう


人生そのものがそう



仕事で成功したり
結婚したり
家を建てたり
子どもができたり育てたり

夢だったことが叶う感覚







きょうライブのMCでも申し上げましたが
この1年いろんな心境の変化がありました


わたしの望む結果にはならなかったけど
無駄な時間だとはおもいません







いくつもこんな夜と朝を乗り越えてきたはずなのに

人間って不思議だ












こんなきもちのひとつさえ
ここに書けないなんて

弱虫だなぁ

またおいおい。



▲top